リンパマッサージバストアップ

リンパマッサージとはどういったものかというと、リンパ液の流れをよくし、体内に滞ってしまった老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)や毒素をリンパ液にのせて流すというものです。

リンパがどろどろになり、流れにくくなる理由として考えられるのは、運動不足、血液循環が悪くなっておこる冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)、自立神経に悪影響を及ぼすストレスなどがあげられるでしょう。

これらの要素はリンパの流れを悪くし、体内に老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)が溜まってそれがむくみやセルライト、ボディラインの崩れにつながってしまいます。また体調を崩す理由にもなりかねません。

リンパマッサージでリンパの流れをよくし、ダイエットに健康にバストアップにつなげていきましょう。

NANEA(ナネア)カットオフフリルチェックワンピース

ネック・袖に施したポンポン風レースやふんわりベルスリーブで一味違うチェック柄ワンピがお勧めです。トレンドチェック柄でレッドが素敵です!

キュートなフリル使いと合わしてネック・袖部分に施したポンポンの様なレースやふんわりベルスリーブでみんなとは一味違うチェック柄ワンピが良いですよ。

とても綺麗です。とても手が込んでいます。
仕事にもカジュアルにも使え、とても便利です。毎日着たいくらいです。友人にも大好評です。

ちょうどいい色合いでした。

体脂肪率に関わってくる肥満度

体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)に関わってくる肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)度は、体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)÷身長÷身長で割り出してくれる事が出来るため、それらの式を知っておいて損はないですよね。ただ、体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)にしても肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)度にしても、私の場合には程よいところと言われているものです。

また、体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)は二の腕と肩甲骨の下付近の脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)(適度にとることは必要になりますが、過?に摂ってしまっていらっしゃる人があまりにも多いのが現状のだそうです)をつまんで計算する事が出来るようです。体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)では標準とされても、肥満度では肥満であるという結果になる事があるみたいです。

特に筋肉が多い方は、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)度が高くなり体脂肪率(家庭で測る際には、生体インピーダンス法が使われていることが多いです)が低くなる傾向にあるだと言えるのです。ただ、BMI(肥満度をチェックするために使われます)と呼ばれる肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)度を計算してみてください。

公正証書遺言に関して

遺言の方式のひとつ「公正証書遺言」についてです。公正証書遺言とは、公証人により遺言書を作成、保管してもらう遺言の方式です。

公正証書遺言は法律の専門の方である公証人が作りますので方式具備で無効になる事はまず考えられませんし、保管も公証役場でしてくれますから偽造の心配もありませんので、遺言の方式の中で最も安全確実なものと言えるでしょう。

従って、自筆証書遺言みたいに亡くなられた後に、家庭裁判所の検認手続きは不要です。

公正証書遺言の作成方法

1.遺言の内容を決める

2.必要書類を準備する

(必要書類:①遺言者の印鑑証明書
②遺言者と相続人の関係がわかる戸籍謄本等
③相続人以外の者に遺贈する場合は遺贈をうける者の住民票
④相続財産に不動産がある場合はその不動産の登記事項証明書と評価証明書)

3.公証人と前もっての打合せ

4.証人2人とともに公証役場に行って、公正証書遺言を作成してもらう(上記2の書類と遺言者の実印が必要)

公正証書遺言をするためには公証人に手数料を支払う必要があるのと、2人の証人が立ち会わなければなりません。(立会うときに証人の印鑑と免許証又は住民票が必要になります)

※下記の人は証人にはなれありません。   
・未成年者
・推定相続人、推定相続人の配偶者及び直系血族
・遺贈を受ける方(=受遺者)、受遺者の配偶者及び直系血族
・公証人の配偶者(婚姻の相手のことですね)及び4親等内の親族、公証人の書記及び使用人
因みに遺言者の健康状態等により、公証役場に行く事が難しい場合は公証人が病院や自宅に出張してくれるでしょう(出張料が必要です)

公正証書遺言を作成してもらうと原本は公証役場が保管し、正本と謄本を遺言者に交付してくれるでしょう。
亡くなられた方が公正証書遺言が作成されているかどうかを亡くなられた方と利害関係にある方(相続人等)は、亡くなられた事実と亡くなられた方との関係を証明する戸籍謄本などと免許証などを持っていけば全国の公証役場で検索することもできます。米子市 葬儀社