7日以上経過してから再就職

再就職手当てをもらうことができないのです。休職(雇用状態を保ったまま、長期的に仕事をお休みすることです)してから7日以上経過してから再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)したり、事業主となる場合に限ります。

自己理由で退職した場合にはハローワーク(職安と略されることもありますが、最近はハローワークの方がよく使われている呼び方でしょう)からの紹介で再就職をすることが要件になるでしょう。生命保険の外交員といった具合に、雇用されるために要件をクリアしていかなければ継続して働くことがむつかしい職業に就く場合には、再就職手当てをもらうためには、いくつかの要件をクリアした状態でなくてはいけません。もらえる資格があるのにもらわなかった、損をしたと後悔しないよう、これから退職や再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)を考える方は要件となるものをしっかり覚えておきましょう。明確さにかける点などはハローワークで内談するといいでしょう。

再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当てを貰う事が出来ません。休職(理由によっては、復職が難しいケースも少なくないでしょう)してから七日以上経過してから再就職したり、事業主となる場合に限ります。

自己理由で退職した場合には知人の紹介などでも再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)が出来るはずです。過去3年以内に再就職手当てを貰っていないこと。以上が要件ものです。退職前の会社に再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)しないこと、つまり同一の事業主の会社に戻っても再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当ては支給されません。

一年以上雇用される安定した職業に就くことも要件でしょう。安定した職業に就き、長く勤めて貰うことを前提とした手当てとも言えるようです。