派遣での仕事

近年、正社員雇用の数が減り、派遣社員を雇う企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)が増えてきています。派遣での仕事は保証がなく不安定で社会問題(中には、一部の人しか知らなかったり、細部が知られていないような問題もあります)にもなっていますが、派遣での仕事の場合、再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当てのもらい方に違いが出る事がありますので、良く了承した上で契約期間を延ばしたりしたほうがいいでしょう。

派遣会社を通して勤務し、契約期間が終了し退職となりますが、通常退職をすると休職保険の手続きをします。手続きが終わった後に退職前と同じ会社へ再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)をしても、再就職手当ての対象にはなりませんので用心した方がいいでしょう。派遣での勤務の場合には、どの会社で勤めていたかではなく、同じ派遣会社かどうかで変わってくるはずです。

あくまでも雇用主は派遣会社となりますから、派遣先の会社ではなくて派遣会社が変わらなければ再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当ての対象にはなりません。正社員に比べ派遣社員(場合によっては、紹介予定派遣ではなかったとしても、正社員になれることもあるのだとか)はさまざまと状況により再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当てが貰えるかどうかが変わります。再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当ての事を考えている派遣会社は少ないみたいですが、損をしないよう情報を集めておくようにして下さい。