公正証書遺言に関して

遺言の方式のひとつ「公正証書遺言」についてです。公正証書遺言とは、公証人により遺言書を作成、保管してもらう遺言の方式です。

公正証書遺言は法律の専門の方である公証人が作りますので方式具備で無効になる事はまず考えられませんし、保管も公証役場でしてくれますから偽造の心配もありませんので、遺言の方式の中で最も安全確実なものと言えるでしょう。

従って、自筆証書遺言みたいに亡くなられた後に、家庭裁判所の検認手続きは不要です。

公正証書遺言の作成方法

1.遺言の内容を決める

2.必要書類を準備する

(必要書類:①遺言者の印鑑証明書
②遺言者と相続人の関係がわかる戸籍謄本等
③相続人以外の者に遺贈する場合は遺贈をうける者の住民票
④相続財産に不動産がある場合はその不動産の登記事項証明書と評価証明書)

3.公証人と前もっての打合せ

4.証人2人とともに公証役場に行って、公正証書遺言を作成してもらう(上記2の書類と遺言者の実印が必要)

公正証書遺言をするためには公証人に手数料を支払う必要があるのと、2人の証人が立ち会わなければなりません。(立会うときに証人の印鑑と免許証又は住民票が必要になります)

※下記の人は証人にはなれありません。   
・未成年者
・推定相続人、推定相続人の配偶者及び直系血族
・遺贈を受ける方(=受遺者)、受遺者の配偶者及び直系血族
・公証人の配偶者(婚姻の相手のことですね)及び4親等内の親族、公証人の書記及び使用人
因みに遺言者の健康状態等により、公証役場に行く事が難しい場合は公証人が病院や自宅に出張してくれるでしょう(出張料が必要です)

公正証書遺言を作成してもらうと原本は公証役場が保管し、正本と謄本を遺言者に交付してくれるでしょう。
亡くなられた方が公正証書遺言が作成されているかどうかを亡くなられた方と利害関係にある方(相続人等)は、亡くなられた事実と亡くなられた方との関係を証明する戸籍謄本などと免許証などを持っていけば全国の公証役場で検索することもできます。米子市 葬儀社