アトピー性皮膚炎の人

アトピー性皮膚炎の人が、アトピー対策として海水浴で症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が改善させるというような話を聞いたことがあるのではないでしょうか。海水浴をすることでリラックスできるので、ストレスが軽減されるのでアトピー対策に有効であるという説もありますが、海水浴で、適度に紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)を浴びることもアトピー対策には効果があるようです。

海水浴(娯楽の一種ですが、元々は医療目的で行われていたそうです)だけでなく、日常生活の中でも適度に紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を浴びることは皮膚炎にいい影響を与えます。赤くなったり、痒くなったりしない程たびに少しずつ日光浴をなさってください。あまり長時間日に当たると、ヒリヒリしてやけどのようにおちいったり、日光湿疹が出ることもあります。

皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)の改善に海水浴を勧める病院もあるそうですが、海水療法では疥癬化した象皮症の皮疹ではなく、温潤している皮疹に良いということです。子どもの掻き壊しのびらんが目立つ症状の場合に、人により市販されている天然の塩をお湯に入れて身体にかけることで、症状が改善する場合もあるそうです。

海水浴(海水に浸かるだけでなく、海辺での日光浴を含むことも多いです)に行った場合には、日に当たりすぎたり、熱射病を防ぐためにも1時間から2時間程度を目安に、パラソルの下などの日陰で休むようにしてください。そして海水浴の後には汗や海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)水をしっかり洗い流して、普段使っている薬や保湿剤でしっかりスキンケアをすることが大切です。
体の悩み相談