月別アーカイブ: 2017年4月

卒業しても就職浪人

再就職手当てをもらうためには、再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)をした時に支給される給付金です。

常用就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)支度手当ても再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)手当てと同じく、支給してもらう為には幾つかの要件をクリアしなくてはなりません。支給残日数が1日以上あるというのも大きな要件んですよ。ハローワーク(行政機関の一つで、失業者に対する職業の斡旋や失業手当の給付に関する手続きなどを行っています)の紹介で働き1年以上雇用されると言った安定した職業に就くことも要件の一つとなっています。

過去3年以内に再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当てや常用就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)支度手当ての支給を受けていない人が支給対象といわれているんですね。要件をクリアすると基本手当日額の30日分に相当する金額が支給されます。再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当てと同じように、複?の要件が設けられていますので、詳しくはハローワークに問いあわせてみて下さいね。