月別アーカイブ: 2016年12月

ハローワークで要件の確認

再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当ては休職(病気などの他に、育児休暇や留学のために休職する人も増えてきたようです)手当て受給者に支給されるもので、早期の再就職を促すのでに設けられたものです。ハローワークで要件の確認などと言った手続きを行い受給資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)が決定します。再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)手当ては申請期間が過ぎてしまうともらえなくなりますので用心して下さい。再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)をした翌日から一箇月以内に申請を行うんです。事業主の署名と捺印が必要になってしまいますが、再就職手当支給申請書と言ったのがあるため事業主に渡すと記入してもらえます。

申請書と共に雇用保険受給資格者証を提出して手続きを行うことにより、再就職手当てをもらう事ができます。申請をしてから1ヶ月~1ヶ月半ほどは調査期間だと言われています。安定した職業に就くことを目的としていますので、任務状況などを調査します。

再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)手当ての支給が決定すると指定の口座に手当てが振り込まれます。本人宛ての郵便も届けられます。再就職手当ては事業主となる場合にも、再就職手当ての対象となっています。再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)手当ては基本手当ての給付日数が一定以上残っている場合に支給されます。

就職をして雇用保険の被保険者となる場合にも支給されます。再就職手当てはもらうために幾つかの要件をクリアしなくてはなりません。正社員か派遣かにより違いるかもしれませんし、退職理由が会社の事情によるものか、自己理由によるものかなどによっても変わってきますので確認しておいたほうがよいのでしょう。