月別アーカイブ: 2016年11月

再就職手当てはハローワーク

再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)手当ては誰でも貰える手当てという訳ではないんです。きちんと手続きを行う必要がありますし、再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)する時期など手当てがもらえる要件というのもありますね。再就職手当てはハローワーク(ハローワークプラザやしごとセンターといった出先機関もあります)で手続きを行いますが、雇用保険で定められた所定の要件があるので確認しておくといいでしょう。

再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)手当ては、休職(理由によっては、復職が難しいケースも少なくないでしょう)手当ての所定給付日数が3分の1以上であり、45日以上残っているということも要件のひとつとなっているのです。

再就職して再就職手当てをもらっても、すぐに休職してしまわないよう、一年以上就業可能な安定した職業に就くのも要件なんですよ。過去3年以内に再就職手当てをもらったことのある人は対象外なのですね。常用就職支度金をもらった人も再就職手当てをもらう第一要件となりますので、すぐに再就職して就業したいという人への手当てということなんですね。

再就職手当ては、再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)をすれば必ずもらうことのできるという手当てではないものです。手続きを行い自己退職だったらハローワークから再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)先を斡旋してもらう必要があるはずです。早めに再就職をするのが再就職(離職後、再び仕事に就くことをいいます)手当てをもらう事ができないのです。